PREV | PAGE-SELECT | NEXT

HOME > AH! レポート(2011)> 3月12日のAH!

≫ EDIT

3月12日のAH!

アリスガーデンパフォーマンス広場AH! 3月
「ホコテン・アリス」 【REPORT】


(2011年3月12日(土)  11:00~19:30 「まちなかホコテン2011」と連動開催。)
※「まちなかホコテン」:広島市の中心部を表す「まちなか」と歩行者天国を略した「ホコテン」を併せたものです。

はじめに、このたびの東北関東大震災でお亡くなりになられた方々のご冥福を謹んでお祈りいたします。また被災された方々に、心よりお見舞いを申し上げます。


今回の「まちなかホコテン」は、被災者支援を志して開催されました。

当日は、中の棚商店街・並木通り・アリスガーデン・袋町公園の会場各所において、義援金が集められ、「まちなかホコテン」の構成メンバーである、NPO法人セトラひろしまも義援活動の一翼を担いました。

たくさんの方のご協力によって、最終的に157,440円に達した義援金は、去る3月15日に、日本赤十字社に届けられています。

今後は、その全額が被災者・被災地域のために役立てられることになります。

11.3.12-1軽
11.3.12-2軽
11.3.12-3軽
11.3.12-4軽
11.3.12-5軽

今回のAH!、先頭は中央通商店街による「大声大会 オラボーで」。

参加者からは被災者を応援する、叫びが数多く発せられました。まちなかでボランティア活動にも参加してくださっている、広島女学院大学あやめ祭実行委員会のメンバーも応援にきてくれました。


続く「こどもサムルノリ団」は、韓国の伝統楽器を演奏しているグループ。

こどもたちの真剣な姿に、道行く人たちも目を引かれて、観客席へと足を運んでいました。


そして、AH!常連のmupeさん。

今回も彼女独特のハートフルな歌声で、会場をなごやかな雰囲気に。

緊張気味のトークには、観客から声援が飛んでいました。

また、mupeさんは、AH!に、ニューフェイスとなる放浪兎さんを連れてきてくれ、コラボレーション。

AH!から羽ばたこうとするアーティストがまた増えました。


続く二組、trunkのお二人と、藤田麻衣子さんは、東京からのゲスト。

震災で「自粛ムード」が漂う中、難しい決断をし、厳しい交通事情を乗り越えてまで、ここ広島にまでやって来てくださいました。
 

まず、trunkのお二人。

大阪出身ながら、かつては、金座街で活動されるなど広島とは縁のある方々。

一度はプロデビューもされていただけに、確かな実力を備え、その歌声でアリスガーデンの観客を魅了していました。また、多くのファンも駆けつけていたようでした。
 

藤田麻衣子さんは、現在、全国でフリーライブを展開中のシンガーソングライター。

インディーズオリコンチャートでも1位を獲得し続けていらっしゃいます。

今回のAH!のステージがはじめての広島。

やさしい歌詞をその透き通った歌声に乗せて披露し、おおいに人々の心を暖めてくださいました。

被災者を精一杯に応援しようという真心のこもったライブでした。

ステージ終了後の握手会には長い長い行列ができていました。
 

トリは、ここ広島の若手実力派シンガーソングライター、佐々木リョウさん。

彼もまた、今回の大震災に心を痛める一人として、温もりあふれる歌声を届けてくれました。

その実力と魂の宿ったステージを目の当たりにして、通りすがりの人も熱心な聴衆に。

こちらもステージ終了後にはCDを求める人が列をつくっていましたが、
リョウさんは、その売り上げを義援金として寄付してくださいました。
 

もちろんAH!は、音楽だけではありません。

今回は広島マジックサークル【レア】から二人のマジシャンも参加、さらに昨年のインディケットにも登場してアリスガーデンを盛り上げていた大道芸人れもんさんもパフォーマンスを披露、人だかりをつくっていました。

また、当日参加のクラウさんによる「可動マネキン」には行き交う人々も興味津々の様子でした。

パフォーマー同士、交流する姿もありました。
 

そんな中、ほほえましい光景も。

bluelab.プロデュースによる「楽描きコーナー」には、こどもたちが入代わり立ち代りで、思い思いの絵を描き、大人たちもそんなちいさな画伯たちの活躍になごんでいました。

しかしある意味、このコーナーを一番使い尽くしていたのは、ライブ前のmupeさんかもしれません。養生シートにまで「楽描き」してYUICHIさんを驚かせていました。
 

そのほかにも、並木通り南ステージで開催された「まちコレ」に関連するブースや、広島市が今月からはじめた「のりんさいくる」のブースも展開され、人々の足をとめていました。
 

なお、AH!では、今後も大震災の被災者支援のため、継続して義援金を集めていく予定です。

何卒、ご協力よろしくお願いいたします。
                                          (報告:近藤倫生)
 
イベントデータ】
●ステージ
13:00~「大声大会オラボーで 親子で参加しよう!」(主催:広島中央通商店街振興組合)
15:00~ こどもサムルノリ団 
15:45~ mupe(弾き語り)
16:30~ 放浪兎(弾き語り)
17:15~ トランク trunk
18:00~ 藤田麻衣子
18:45~ 佐々木リョウ
●ブース・コーナー展開 
・「まちコレ」ファッションクリエーターブース
・公共交通を親子で体験ブース
□ 袋町公園出張ブース
・「袋町公園子育て支援ブース」(11:00~16:00)
協力:子育ておたがいさま~ズ、広島文教女子大学パパママ応援団「ぶんこ」ほか・
・「袋町公園ママさんクラフト作家展」(11:00~16:00)

| AH! レポート(2011) | 14時38分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://ahinfo.blog39.fc2.com/tb.php/101-965b517e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

▲このページのトップへ