2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

HOME > 2010年10月

≫ EDIT

9月19日のAH! “Autumn Air”のレポート

やはり昼間は暑かったですね。風も強い、アリスガーデンは意外とビル風が強く吹きます。こんな時はテントの固定をしっかりしなくてはなりません。この度も修道大学の3人のインターンシップ女子大生がイベントをアシスト、MCとしてからむという体験もしました。加えて若者交流館からのボランティアスタッフ‥本当にお疲れさま、感謝です。もちろん参加してくださったアーティスト、足を止めて下さったたくさんの人に感謝感謝です

今回出演していただいたアーティストの皆さんやスタッフの様子を紹介します。 
2010.9-1A2  
ライブペインティング by blue-lab-イシハラさん》
201093ah2.jpg
《銀色》
201095ah2.jpg 
《Upaskuma(ウパシクマ)》
201096ah2.jpg
《KAKEL》
201097ah2.jpg
《HIKARU》
2010910ah2.jpg
《おっくん》
201098ah2.jpg201099ah2.jpg
《Yoshimillionwonder》
昼から夕方にかけてのライブステージは、それぞれにジャンルやテイストや異なり、多くの観客が足を止めていました。横浜から参加したKAKELは熱唱型、ちなみにKAKEL氏はステージが終わってもAH!にとどまり、最後の片付けまで手伝ってくれました。本人たいへん満足したみたいで、お礼の手紙が事務局に届きました。ベテランUpaskuma(ウパシクマ)の越境的無国籍音楽は、アリスガーデンにふんわか、まったりだったり、清涼な風を起こしたり、さずが!色彩的でした。終わって年に1回はAH!に出てくださいと言ったら、「いや最低2回は出る‥」と言ってくださいました。
そして盛り上がったのは、「Yoshimillionwonder」のライブ。今広島の若手のインストバンドでいちばん油がのっているという感じ。切れの良いコンポラテイストのダンスサウンドで聴衆を惹きつけ、アリスがひさびさに満員になるほどでした。外国人にも受けていたようです。最後の「おっくん」はAH!の真骨頂、弾き語り系の実力派で、素晴らしいステージでした。
終わりにAH!のスタッフも今回のように花があるといいですね‥いずれにしても今後の運営のあり方について、初心に返ってもう一度話し合おうということで集まってくれた者みんな別れました。スタッフとして運営に参画したいと思われる方、大歓迎です。 (報告:石丸良道)

イベント・データ】
○開催日時:平成22年9月19日(日) 15:00~20:00 ○天候:晴れ ○観客動員:6,500人
●ステージ
15:00~ Blue lab.ライブペインティング
15:50~ 銀色(弾き語り)
16:30~ KAKEL from Yokohama
17:10~ Upaskuma(ウパシクマ)(民族音楽がベースの越境系ユニット)
18:00~ HIKARU(弾き語り)
18:40~ Yoshimillionwonder(ダンスフロア対応型Quintet)
19:20~ おっくん(弾き語り)

●ブース
アートブース:by Blue lab.

10月のAH!は、INDIKETでお休み!
次回、2010年11月20日(土) えべっさんバージョンにてお会いしましょう!

■内容
●ステージ
「子どもの権利条約のバースデーパーティー」(12:30~13:30)
Blue lab.ライブペインティング
Paddy Wagon (パディーワゴン)~東京ブラススタイル」のアニメジャズ曲演奏
NPO法人あおぞら子供神楽など
●ブース・コーナー展開 
ライブペインティング by Blue lab. ・子育て支援ブース 他

| AH! レポート(2010) | 13時26分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

▲このページのトップへ